合宿免許のメリット・デメリットとは?

合宿免許のメリット・デメリットとは?

合宿免許とは、宿泊施設に滞在しながら、短期間で集中的に車やバイクなどの免許取得を目指すことです。

合宿免許での免許取得のメリットは、2~3週間の短期間で車やバイクの免許が取得できることです。


学生の夏休みや春休みなど、まとまった休みが確保できる場合はおすすめの取得方法です。


短期間で効率よく教習を受けられるので、通学よりも料金が安く設定されています。

中には保証付きプランを設けている自動車学校もあり、補習や再検定でお金がかからない場合もあります。

宿泊施設に泊まっての教習となるので、ちょっとした旅行感覚を味わうこともでき、楽しく免許取得を目指すことができます。

免許合宿の情報を提供中です。

自動車学校によっては、宿泊施設までの交通費が支給されたりと、メリットはかなり大きいです。



合宿免許のデメリットは、長い休みが取れない社会人などは参加をすることが難しいです。まとまった時間が取れない場合は、地道に通学で免許取得を目指すしかありません。合宿免許の多くは定員が設けられてたり、年齢制限がある事もあるので、定員に達したり年齢制限に引っかかって参加できない可能性があります。



また、合宿で利用する宿泊施設は地方にあることが多いので、教習時と日常で使用する道路とは事情が違い、免許取得後に戸惑うこともあります。合宿免許での免許取得はどちらかといえばメリットの方が多いです。取得を目指すのであれば、学生時代の時間がある時に参加する事がおすすめです。

Copyright (C) 2017 合宿免許のメリット・デメリットとは? All Rights Reserved.